MENU
【PR】結婚支援金 30,000円キャンペーン!資料請求

同棲するなら結婚しろ!親に言われ結婚前同棲なしで結婚した人に待つ結果とは

結婚前同棲なしで結婚した人に待つ結果とは



\年代別に結婚相談所を厳選!/

こんな悩みを持っていませんか?

同棲を親に伝えたら「同棲するなら結婚しろ」と言われた

同棲してから結婚するべきか、同棲せずに結婚したほうが良いのかどっちがいいんだろう

記事ではこんな悩みを解決します

  • 親が同棲するくらいなら結婚しろと言う理由と対処法
  • 同棲なしで結婚したカップルの事例
  • 同棲せずに結婚した場合の離婚率
  • 結婚前に同棲するメリットとデメリット
  • 同棲しないで結婚するメリットとデメリット

記事の結論

  • 決めるのは自分
  • 親の意見に左右されず、自分と恋人の価値観や将来のビジョンに合わせて選択することが大切である
  • 同棲と結婚はそれぞれにメリットとデメリットがある

同棲と結婚は、恋人との関係を深めるための選択肢の一つです。
しかし、同棲を親に伝えたら「同棲するなら結婚しろ」と言われてしまったという人も多いのではないでしょうか。

同棲することに抵抗がある親の気持ちや、同棲するなら結婚しろと言われたときの対処法について見ていきましょう。
また、結婚前に同棲するメリットとデメリット、同棲しないで結婚するメリットとデメリットについても比較して、自分にとって最適な選択肢を見つける方法をお伝えします。

目次

親から同棲するなら結婚しろと言われたらどうする?

親が同棲するくらいなら結婚しろと言う理由

親が同棲するなら結婚しろと言う理由は、大きく分けて以下の3つです。

  • あなたの幸せを願っている
  • あなたの将来を心配している
  • 自分の価値観や常識に基づいている

あなたの幸せを願っている

親は、あなたが幸せになることを一番に願っています。
そのため、同棲するなら結婚しろと言うのは、あなたにとって結婚が最善の選択だと思っているからです。

親は、結婚することで恋人との関係が安定し、社会的にも認められると考えているかもしれません。
また、結婚することで、恋人との間にあなたができる可能性も高まります。
あなたに孫の顔を見せてほしいという気持ちもあるでしょう。

あなたの将来を心配している

親は、あなたの将来を心配しています。
そのため、同棲するなら結婚しろと言うのは、あなたにとって同棲がリスクだと思っているからです。

同棲することで恋人との関係が薄れたり、別れたりする可能性があると考えているかもしれません。
また、同棲することで、恋人との間にあなたができた場合に、法的な保障がないという問題もあると考えているかもしれません。
あなたが不幸にならないようにという気持ちもあるでしょう。

自分の価値観や常識に基づいている

親は、自分の価値観や常識に基づいています。
そのため、同棲するなら結婚しろと言うのは、あなたにとって同棲が非常識だと思っているからです。

親は、自分の世代や文化では、同棲は結婚の前提ではなく、結婚の代替だと考えているかもしれません。
また、同棲は恋人との真剣さや責任感がないという印象を持っているかもしれません。
親は、あなたに自分の価値観や常識を守ってほしいという気持ちもあるでしょう。

同棲するなら結婚しろと言われたときの対処法

親に同棲するなら結婚しろと言われたとき、どのように対処すれば良いのでしょうか。
以下のような方法があります。

  • 親の気持ちや考え方を聞いて理解しようとする
  • 自分と恋人の気持ちや考え方を説明して伝えようとする
  • 同棲の目的や期間、結婚の予定や条件などを明確にして話し合おうとする
  • 親の反対や心配を払拭するために、同棲のルールや費用分担、家事分担などを決めて示そうとする
  • 親との関係を維持するために、連絡や面会を欠かさないようにしようとする

親に同棲するなら結婚しろと言われたときは、親の言葉に反発したり、無視したりするのではなく、親の気持ちや考え方を尊重して、自分と恋人の気持ちや考え方を尊重してもらうために、コミュニケーションをとることが大切です。

親にとっては、同棲は結婚に対する不安や不信感を抱かせるものであり、結婚するなら同棲せずに結婚したほうが良いと思っているのかもしれません。しかし、同棲は結婚とは別の関係であり、同棲することで結婚に対する準備や確信を得ることもできると考える人もいます。

同棲なしで結婚した結果は?事例や離婚率など

同棲しないで結婚したカップルの事例

同棲なしで結婚したカップルの実例を紹介します。

つきあって6年。
うち私は1人暮らし歴5年。
夫は実家。
同棲どころか、泊まることも数えるほどしかありませんでしたが(別にうるさく言われる事もない)、なんだかうまくいっているみたいです。

実は私も、結婚前には同棲をしたほうがいいと思っていました。
でも結婚の話が固まってから話がトントン進み、同棲する余裕がないまま結婚に至りました。

うちも、ささいな事(しょーもない事)でケンカになりかけます。

互いが妥協するようにしていれば、適当なところで落ち着きますよ。

Yahoo!知恵袋:https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q101786725

2年付き合って、同棲なしで結婚しました。
旦那も私もテキトーな性格なので何かが合わなくてイライラするって事は無いです。想像してたより毎日、楽しく生活できてますよ〜♪

ガールズちゃんねる:https://girlschannel.net/topics/264679/

同棲しないで結婚したけど離婚した者です。

あんなに実家好きで親離れ子離れしていない家の人たちだと知っていたら結婚しなかったので、同棲しておけば良かったと後悔しました。

ガールズちゃんねる:https://girlschannel.net/topics/264679/

以上のように、同棲なしで結婚したカップルの実例は、成功した場合と失敗した場合があります。

同棲するかしないかは、自分と恋人の価値観や将来のビジョンに合わせて決めることが大切です。

同棲せずに結婚した場合の離婚率は10%

下記はアメリカのデンバー大学が行った調査による、同棲せずに結婚した場合の離婚率と、事前に婚約した場合、しなかった場合それぞれの同棲してから結婚したカップル3パターンの離婚率の比較です。

同棲なし10%
(婚約してから)同棲あり12%
(婚約しないで)同棲あり25%
3パターンでの離婚率の比較


以上のように、同棲未経験のカップルの離婚率は約10%に対して、同棲を経てから結婚に至ったカップルの離婚率は、約25%にも上りました。

つまり、婚約しないまま同棲してから結婚したカップルの離婚率は、同棲せずに結婚したカップルの2倍以上にあたります。

意外にも、同棲せずに結婚したほうが離婚率が低いんだ!

同棲せずに結婚したカップルの離婚率が低い理由としては、以下のようなものが考えられます。

同棲なし同棲あり
結婚前納得してから結婚に踏み切っている真剣に考えず「なんとなく」結婚してる
結婚後新鮮味や
ドキドキ感を持てる
マンネリ化や
飽きを感じる
結婚に対する意識けじめや
責任感を
持ってる
意識が低く、
結婚することの
意味を考えられていない


以上のように、同棲せずに結婚したカップルは、同棲してから結婚したカップルよりも、結婚後の生活に対する準備や期待、コミットメントが高いと言えます。
そのため、離婚率が低くなるのではないでしょうか。

同棲しないで結婚するメリットとデメリット

親から同棲するなら結婚しろと言われたときには、自分と恋人の気持ちを確認することが必要です。
同棲するか結婚するかは、自分と恋人の価値観や将来のビジョンによって変わります。

同棲しないで結婚することには、どのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか?
以下に、同棲しないで結婚するメリットとデメリットをまとめました。

スクロールできます
メリットデメリット
新鮮さや期待感を持つことができる
安定感や信頼感を持つことができる
法的な保障や社会的な認知を得ることができる
親や周囲からの理解や応援を得ることができる
恋人との相性や生活習慣に気づかないことがある
恋人との関係に問題が起きることがある
結婚へのプレッシャーや不安が高まることがある
生活費が増えることがある

同棲せずに結婚するメリット

同棲せずに結婚するメリットは、以下のようなものがあります。

  • 恋人との関係に新鮮さや期待感を持つことができる
  • 恋人との関係に安定感や信頼感を持つことができる
  • 恋人との関係に法的な保障や社会的な認知を得ることができる
  • 親や周囲からの理解や応援を得ることができる

恋人との関係に新鮮さや期待感を持つことができる

同棲せずに結婚することで、恋人との関係に新鮮さや期待感を持つことができます。
恋人と一緒に暮らすことを結婚後にすることで、恋人との関係に変化や成長を感じることができます。

また、恋人との日常やイベント、記念日などを結婚後に楽しみにすることができます。
これらのことは、恋人との関係に刺激やワクワクを与えることにもつことにもつながります。

恋人との関係に安定感や信頼感を持つことができる

同棲せずに結婚することで、恋人との関係に安定感や信頼感を持つことができます。
恋人と一緒に暮らすことを結婚という契約で確かなものにすることで、恋人との関係に責任や約束を感じることができます。

また、恋人との関係に法的な保障や社会的な認知を得ることで、恋人との関係に安心や自信を感じることができます。
これらのことは、恋人との関係に安定感や信頼感を高めることにもつながります。

同棲せずに結婚することで、恋人との関係に安定感や信頼感を持ち、結婚に対する意欲や確信を持つことができます。

恋人との関係に法的な保障や社会的な認知を得ることができる

同棲せずに結婚することで、恋人との関係に法的な保障や社会的な認知を得ることができます。
恋人と一緒に暮らすことを結婚という契約で公式にすることで、恋人との関係に法的な権利や義務が発生します。

例えば、恋人との間に子どもができた場合に、親権や養育費などの問題が発生したときに、法的な保障があります。
また、恋人と一緒に暮らすことを結婚という形で社会に認められることで、恋人との関係に社会的な支援や尊重が得られます。

例えば、恋人との間に病気や事故などの問題が発生したときに、医療や保険などのサービスが利用できます。
これらのことは、恋人との関係に法的な保障や社会的な認知を得ることにもつながります。

親や周囲からの理解や応援を得ることができる

同棲せずに結婚することで、親や周囲からの理解や応援を得ることができます。
親や周囲は、同棲せずに結婚することを結婚の前提だと考えたり、同棲せずに結婚することを恋人との真剣さや責任感があるという印象を持ったりすることがあります。

また、同棲せずに結婚することを常識や道徳だと称賛したり、同棲せずに結婚することによる法的なメリットや社会的なデメリットを教えてくれたりすることがあります。

これらのことは、親や周囲との関係に和やかさや協力を生むことにもつながります。

同棲せずに結婚するデメリット

同棲せずに結婚するデメリットは、以下のようなものがあります。

  • 恋人との相性や生活習慣に気づかないことがある
  • 恋人との関係に問題が起きることがある
  • 結婚へのプレッシャーや不安が高まることがある
  • 生活費が増えることがある

恋人との相性や生活習慣に気づかないことがある

同棲せずに結婚することで、恋人との相性や生活習慣に気づかないことがあるかもしれません。

恋人と一緒に暮らすことを結婚後にすることで、恋人の性格や趣味、価値観、癖などを十分に理解できないことがあります。
また、恋人との家事や買い物、金銭管理などの分担や協力も学べないことがあります。

これらのことは、結婚後にも重要な要素です。

同棲せずに結婚することで、恋人との相性や生活習慣に気づかず、結婚後にトラブルになる可能性があります。

恋人との関係に問題が起きることがある

同棲せずに結婚することで、恋人との関係に問題が起きることがあるかもしれません。

恋人と一緒に暮らすことを結婚後にすることで、恋人との意見や価値観の違い、家事や買い物、金銭管理などの分担や協力の不足などの問題が発生することがあります。

また、恋人とのプライバシーや自由な時間の確保が難しくなり、恋人との距離感やバランスが崩れることがあります。
さらに、恋人との間に子どもができた場合に、育児や教育などの問題が発生することがあります。

これらのことは、恋人との関係にストレスや不安を生むことにもつながります。

結婚へのプレッシャーや不安が高まることがある

同棲せずに結婚することで、結婚へのプレッシャーや不安が高まることがあるかもしれません。

恋人と一緒に暮らすことを結婚という契約で決めることで、恋人との関係に責任や約束を感じることがあります。

また、恋人との関係に法的な保障や社会的な認知を得ることで、恋人との関係に安心や自信を感じることがあります。
しかし、これらのことは、結婚に対するプレッシャーや不安を高めることにもなります。

例えば、恋人との関係がうまくいかなくなった場合に、別れることが難しくなったり、周囲からの非難や同情を受けたりすることがあります。

また、恋人との関係がうまくいっている場合に、結婚後の生活に対する期待や不安が高まったり、結婚に対する恐怖や失望を感じたりすることがあります。

これらのことは、結婚へのプレッシャーや不安が高まることにもつながります。

生活費が増えることがある

同棲せずに結婚することで、生活費が増えることがあるかもしれません。

恋人と一緒に暮らすことを結婚という契約で公式にすることで、結婚式や新居などの費用が発生します。
また、恋人とのデートやプレゼントなどの費用も増えることがあります。

さらに、恋人との間に子どもができた場合に、育児や教育などの費用が発生します。
これらのことは、経済的な負担を増やすことにもつながります。

同棲せずに結婚することで、生活費が増えて、結婚に対する経済的な不安を感じることがあるかもしれません。

結婚前に同棲するメリットとデメリット

親から同棲するなら結婚しろと言われたときには、自分と恋人の気持ちを確認することが必要です。同棲するか結婚するかは、自分と恋人の価値観や将来のビジョンによって変わります。

同棲することには、どのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか?以下に、結婚前に同棲するメリットとデメリットをまとめました。

スクロールできます
メリットデメリット
恋人との相性や生活習慣を知ることができる

恋人との関係を深めることができる
結婚に向けて準備することができる

生活費を節約することができる
恋人との関係に慣れすぎることがある

恋人との関係に問題が起きることがある
結婚への意欲や確信が減ることがある

親や周囲からの反対や偏見に遭うことがある

結婚前に同棲するメリット

結婚前に同棲するメリットは、以下のようなものがあります。

  • 相性や生活習慣を知ることができる
  • 恋人との関係を深めることができる
  • 結婚に向けて準備することができる
  • 生活費を節約することができる

恋人との相性や生活習慣を知ることができる

結婚前に同棲することで、恋人との相性や生活習慣を知ることができます。
一緒に暮らすことで、性格や趣味、価値観、癖などをより深く理解することができます。

また、恋人との家事や買い物、金銭管理などの分担や協力も学ぶことができます。
これらのことは、結婚後にも重要な要素です。

同棲することで、恋人との相性や生活習慣に気づき、問題があれば改善することができます。
これは、結婚後にトラブルになる可能性を減らすことにもつながります。

恋人との関係を深めることができる

結婚前に同棲することで、恋人との関係を深めることができます。
恋人と一緒に暮らすことで、恋人の良いところや悪いところ、喜びや悩みなどを共有することができます。

また、恋人との日常やイベント、記念日などを一緒に過ごすことで、恋人との思い出や絆を増やすことができます。
これらのことは、恋人との愛情や信頼を高めることにもつながります。

結婚に向けて準備することができる

結婚前に同棲することで、結婚に向けて準備することができます。
恋人と一緒に暮らすことで、結婚後の生活に慣れることができます。

また、恋人との家族や友人との関係も築くことができます。
さらに、恋人との将来のビジョンや目標、計画などを話し合うことができます。

これらのことは、結婚後の生活にも役立ちます。

生活費を節約することができる

結婚前に同棲することで、生活費を節約することができます。
恋人と一緒に暮らすことで、家賃や光熱費、食費などの費用を分担することができます。

また、恋人とのデートやプレゼントなどの費用も抑えることができます。
これらのことは、経済的な負担を軽減することにもつながります。

結婚前に同棲するデメリット

結婚前に同棲するデメリットは、以下のようなものがあります。

  • 恋人との関係に慣れすぎることがある
  • 恋人との関係に問題が起きることがある
  • 結婚への意欲や確信が減ることがある
  • 親や周囲からの反対や偏見に遭うことがある

恋人との関係に慣れすぎることがある

結婚前に同棲することで、恋人との関係に慣れすぎることがあるかもしれません。

恋人と一緒に暮らすことで、恋人の存在が当たり前になり、恋人に対する感謝や尊敬、愛情などの感情が薄れることがあります。

また、恋人との日常がマンネリ化し、恋人に対する興味や刺激が減ることがあります。
これらのことは、恋人との関係に飽きや不満を生むことにもつながります。

恋人との関係に問題が起きることがある

結婚前に同棲することで、恋人との関係に問題が起きることがあるかもしれません。

恋人と一緒に暮らすことで、恋人との意見や価値観の違い、家事や買い物、金銭管理などの分担や協力の不足などの問題が表面化することがあります。

また、恋人とのプライバシーや自由な時間の確保が難しくなり、恋人との距離感やバランスが崩れることがあります。

さらに、恋人との間に子どもができた場合に、法的な保障がないという問題も発生する可能性があります。
これらのことは、恋人との関係にストレスや不安を生むことにもつながります。

結婚への意欲や確信が減ることがある

結婚前に同棲することで、結婚への意欲や確信が減ることがあるかもしれません。

恋人と一緒に暮らすことで、結婚後の生活に慣れすぎて、結婚に対する新鮮さや期待感が失われることがあります。
また、恋人との関係に問題が起きたり、別れたりすることで、結婚に対する恐怖や失望を感じることがあります。

さらに、恋人との間に子どもができた場合に、結婚するのは子どものためだという気持ちになることがあります。

これらのことは、結婚に対する意欲や確信を減らすことにもつながります。

親や周囲からの反対や偏見に遭うことがある

結婚前に同棲することで、親や周囲からの反対や偏見に遭うことがあるかもしれません。

親や周囲は、同棲することを結婚の前提ではなく、結婚の代替だと考えたり、同棲することを恋人との真剣さや責任感がないという印象を持ったりすることがあります。

また、同棲することを非常識や不道徳だと批判したり、同棲することによる法的なリスクや社会的なデメリットを指摘したりすることがあります。

これらのことは、親や周囲との関係に亀裂や摩擦を生むことにもつながります。

まとめ

親から同棲するなら結婚しろと言われたときには、親の気持ちを理解し、自分と恋人の気持ちを確認し、親とのコミュニケーションをとることが大切です。

同棲するか結婚するかは、自分と恋人の価値観や将来のビジョンによって変わります。
同棲することにも、同棲しないで結婚することにも、メリットとデメリットがあります。

どちらの選択にもメリットとデメリットがあることを認識し、よく考えて決めることが必要です。親の意見に左右されず、自分たちの幸せを優先することが大切です。

結婚前同棲なしで結婚した人に待つ結果とは

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

目次